マイナビ2018 楽笑の想い 楽笑概要 サービス一覧 メディア掲載 楽笑の仲間たち リクルート情報 さんかく屋根のふれあいサロン 障がい者福祉サービス 八兵衛 十兵衛 干物ネットショップ B級グルメ 蒲郡 楽笑

ギョギョウランド

三谷町の地域資源である、「三谷漁港」を昔のような活気を取り戻したい!という思いと、
自分たちの子どもに、「三谷漁港」の魅力を伝えていきたいという思いの中、
主婦を中心に、「三谷町まちづくり実行委員会」を立上げ、イベントを企画しました。

https://www.facebook.com/gyogyou

ギョギョウランド ギョギョウランド

「ソーシャルマーケティング」という手法を用い、地場産業を地域の方により知って頂いたり、
自らまちづくりに興味を持って 頂けるような内容を考え、
「干物アラカルト料理B級グルメ対決」「地の物バーベキュー」などを企画しました。
今後は夏の定番イベントになるように、多くの地域住民の方が参画できるようなイベントにしたいと考えます。

ギョギョウランドは国土交通省「新たな公」によるコミュニティー創生支援モデル事業にて事業を実施しました。
楽笑が行っている、地場産業活性化事業 「新たな公」+マーケティングの報告会シンポジウムの様子が見れます。
USTREAM 動画はコチラ(左掲載動画)

おしごと体験「キッザみや」

どんなイベント?

蒲郡市内に住む小学生の子どもたちに“本物”のお仕事体験を経験することで、
蒲郡の伝統や文化、まちづくりを感じてもらうことを目標にしたイベントです。
イベント参加を通して、子どもたちが、「蒲郡ってすごい!」と感じてもらえるきっかけ、
将来の夢を考えるきっかけにしてもらうために行っています。

キッザみやプロジェクトチーム について

子どもたちに町の素晴らしさや働く方々の“思い”を伝えられるよう、
また活動を通して蒲郡を元気にしたい!と、
楽笑のサポートを受けながらキッザみやのイベント企画・運営をしている学生組織です。

» キッザみやのブログ

おしごと体験 キッザみや

過去のキッザみや

第1回 子どもたちが作った手作りの町で“働く”を感じてもらいました。(平成20年度 蒲郡市協働助成金)
第2回 学生が登壇し助成金のプレゼンを行うなど前年度よりパワーアップ!
     開催場所を公園に移して行いました。(平成21年度 蒲郡市協働助成金)
第3回 蒲郡の町についてたくさん知ってもらえるイベントを行いました。(平成22年度 日本財団助成)
第4回 学生が中心となり助成金のプレゼン、企画・運営しました。
     実際の職業先へ出て仕事体験を行いました(平成23年度 蒲郡市協働助成金)

キッザみやの活動内容

» 今後のキッザみや

 蒲郡ならではのお仕事が子どもたちにたくさん知ってもらえるよう、
 また企業の方や参加していただける親子の皆さんと協力しながら、
 キッザみやを行い、蒲郡をさらに元気にしていきたいです。

» 運営スタッフを募集しています!

 キッザみやでは一緒にイベントの運営を手伝ってくれる学生のみなさんを募集しています。
 「子供が好き!イベントが好き!楽しいことが好き!何かやりたい!」
 学生スタッフの各々の思いがキッザみやを作っています。
 主な会議場所はJR三河三谷駅より歩いて15分の場所にある楽笑の拠点です。
 学校後や土日に月に2回程、集まって会議をしています。
 お問い合わせはコチラから(メール)

キッザみや 蒲郡子供研修

地域の担い手作り

三谷祭公式ホームページ

三谷祭公式

300年以上続く、三谷町の伝統である「三谷祭」
その公式ホームページを、
障害を持つ方とお祭りの保存会が協働で作成しました。
地域で暮らすには、地域の方に障害理解を進める必要があります。
地元のコミュニティーに参画することで、
理解につながり、共に生きる社会につながると考えます。

» 三谷祭公式ホームページ


地域の担い手づくりシンポジウム

地域の担い手づくりシンポジウム

三谷祭保存会や三谷町民の方を中心にご参加頂きました。
障害を持つ方との協働の可能性を、一緒になって考える最高の一日となりました。ご参加頂きました皆さま、またご協力頂きました皆さま、誠にありがとうございました。


地域の担い手づくりシンポジウム3

地域の担い手づくりシンポジウム3

少子高齢・孤立化社会の問題を支えるには、地域力が必要不可欠であり、人と人とが支え合うという地域コミュニティーの重要性とこれからの社会の在り方、地域への期待を毎日新聞論説委員である野澤氏より基調講演を頂き、これからの地域社会の方向性についてご講演頂きました。また、今年度のコミュニティーサロンの報告と先進地の取り組みを比較し、地域住民が主導となって取り組める事と参画意識を高める事を目的とした内容のシンポジウムを開催しました。

» 地域の担い手づくりシンポジウム3


海のまちバリアフリー映画祭inがまごおり

日時:平成25年11月2日(土)11月3日(日)
場所:蒲郡商工会議所会館

http://blog.canpan.info/rakusho/archive/308

NPO法人全国地域生活支援ネットワーク主催で、バリアフリー映画祭を蒲郡の地にて開催いたしました。
この映画祭は、大切な娯楽のひとつである映画鑑賞を通して、誰もが思いを共有し、
みんなで感動し合えることを目的として開催いたしました。

これまでにご覧いただく機会の少なかった視覚や聴覚に障害のある方、
また高齢者の方々にも映画を楽しんでいただけるよう、副音声(音声ガイド)と日本語字幕をつけました。
また、「障がいのある人たちのために」という一方通行の発想ではなく、
一般の方々にも一緒に作品を楽しんでいただけることを基本に、
映画作成者が積極的に関わる事によって、作品の新たな情報を加えたバリアフリー版としました。

また、シンポジウムとして、「バリアフリー映画をスタンダードに」と題し、
蒲郡からバリアフリー映画の可能性を深めさせていただきました。
多数の方にご来場頂きまして、誠にありがとうございました。


PAFE TOP