マイナビ2018 楽笑の想い 楽笑概要 サービス一覧 メディア掲載 楽笑の仲間たち リクルート情報 さんかく屋根のふれあいサロン 障がい者福祉サービス 八兵衛 十兵衛 干物ネットショップ B級グルメ 蒲郡 楽笑

経営理念

経営理念

楽笑の想い

楽しく笑える街を創ろう

楽笑が考える地域≠ヘ、「三谷町に関わるすべての人やモノ」です。
三谷町で暮らす、子供・高齢者・障がい者をはじめとする全ての人と、
三谷町に関係する産業や歴史・文化といったモノ。

そのすべてが少しでも今以上に幸せと思え、
後世に誇りとして残せるように、地域の方々と協働して活動し、
近江商人のポリシーである、「三方良し」を経営方針とし、
売り手にも買い手にも地域にもメリットがある事業を行ってまいります。


理事長挨拶

小田泰久

 もともと理系だった私は「福祉」や「まちづくり」とはまったくの疎遠でした。今から約15年前、産まれた私の姪がそのきっかけをくれました。人里離れた場所ではなく、隣近所と付き合いがあるような場所で姪が暮らせるような場所が欲しい。その想いがすべての出発点でした。

 2006年、福祉事業所を三谷町で立ち上げようと動き始めたとき、思わぬ大きな壁にぶつかりました。地域住民の反対です。障がい者の理解が遥かに乏しかったのも理由としてありますが、私自身、自分の事、障がいのある方の事だけを考えて動いていたことが理由として挙げられます。

 この街は三谷町。昔ながらの漁師町で300年以上続く三谷祭という伝統文化が受け継がれる街。地域の特性を活かし、抱えている課題を一緒に考えなければ認めてくれない。そこでまちづくりのエッセンスを障害者福祉にマッチングし、私益でもなく、共益でもなく、公益でなければこの街では認めて頂けない。

 楽笑の想いにもある「3方良し」の考えを地域住民の方に教えて頂きました。今後も地域の方と共に、三谷に関わる全ての人と関係する産業や歴史、文化を考え、障がいのある方も子供もご高齢の方も暮らしやすく、豊かな地域づくりが出来る様、邁進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 楽笑  理事長 小田泰久

一般社団法人start from Miya  代表理事

小田泰久 facebook  祭り×福祉×まちづくり 会報aile69号

PAFE TOP